我が家のwifiが飛ばなくなっちゃった!!

けっこう快適に使っていたwimax。スピードはとんでもなく遅くて、動画なんてもってのほか、いつになったら見れますかー? という感じでした。それでもwifiで便利だし、電波が入るところを探してそれなりに毎日使っていたのですが・・・。

ある日のこと、急にインターネットに接続できませんの文字が画面に現れました! ずっと調子よかったのに、これから天気が悪くなりそうだからかな? 

とルーターを見に行くと、なんとwifiのランプが消えてるんです。一瞬ポカンとして、電源を挿し直してみましたが、やはりランプはつかない!! どどど、どーしよう・・・と途方に暮れました。

ネットができないとこの状態を調べられない。しかもスマホは持ってないし、と考えた結果、プロバイダーに電話して聞けばいいんだ!と思い出しました。平日の午後にもかかわらず、あと20分待ちですとアナウンスに言われ、その間にルーターの取説を読みました。初期化したら直るのかもしれない! 

とありえない期待を胸に秘め、やっと出たオペレーターの兄さんとあちこちいじって、やっぱり初期化。もはやつかないwifiランプ・・・。兄さんは新しいのを薦めたけど、有線LANという手があることは教えてくれなかった。違うの買ってから自分も気づきました!ざんね〜ん・・・

持ち出すことのないパソコンのネットの繋ぎ方は?

今の時代ノートパソコンを持ち出さなくてもスマホないしタブレットさえあれば一般仕様では必要がないと言える。それであれば有線の方が安定感があるとは思う。有線と言ってもADSL、JCOM、光ケーブルなどなど色々ある。

ADSLやJCOMはそれなりの速度ではあるが安い。そして速度では最強と言っていい光も料金はやはり高いと言わざるを得ない。そう考えるとADSLやJCOMが無難ではあるかもしれない。

でも自分は賃貸暮らしのため何かあれば引っ越しを想定しなくてはならない。その都度契約し直して工事をしてと考えるととてつもなく効率が悪いと感じる。そう考えると安くてそれなりのスペックがあろうが、高いが最速を語れるだけのスペックがあろうがやはり賃貸民には有線は必要ない物なのかもしれない。

今選択肢が増え、無線もだいぶ増えてきたためただ一緒くたに家でしか使わないにしても優先の選択肢は持ち家派に限ってきてしまっているのかもしれない。そう考えると賃貸は無線が無難だしそのなかでも今のところwimax優性と思われる。

そして持ち家の方々で少々使うならADSLやJCOM、早くてお金に問題がなければ光と言った感じに落ち着くのだろうか。昔から考えると変わったことはたくさんある。これからのネットに繋ぐ方法はこれ以上変わってくるのだろうか?それによっても今後の繋ぎ方が左右してくると思う。

北海道のイオンでWi-Fi〜WiMAX編〜

北海道内の多くのイオンモールでは既にWiMAX2+の回線が導入済みですので、対応機種をお持ちであれば快適な通信を楽しむことが出来ます。

フロア全体とフードコートなど人の滞在する場所を重点的にエリア化していますので、例えばカフェなどでコーヒーを飲みながらノートPCで作業、なんていう今風に言えばノマドスタイルみたいなことも十分可能です。

WiMAXルーター(2+もOK)、auのスマートフォン(テザリングしてPCを、とか)が対応していますので、併せてニンテンドー3DSを持ち込んでカフェでモンスターハンターとかしたりも可能ですね(笑)。

多くのイオンではこのWiMAXの回線として光回線を引き込んでいますので、通信速度もなかなかのもの。
空いてる時などは90M超の速度でダウンロードも可能というのですからびっくりです。

そういえばauのスマートフォンをお使いの方もWiMAX2+のエリアに入った時点でWiMAX2+回線で通信可能ですから、カフェでスマートフォンの動画を楽しみながら…なんてことも可能です。

このように、使い方次第でお出かけがちょっと楽しくなるかも?

オフの日の楽しみ方の一つとして、いつもと違った雰囲気の中でお気に入りのコンテンツを、というスタイル、是非お試しを。”

wimaxの速度制限に引っ掛かってしまった

wimaxを利用しだしてから10か月くらいたっていますが、今まで速度制限に引っ掛かったことはありませんでした。もちろん、契約した時からある程度以上の使用量になると速度制限に引っ掛かってしまうこと自体は知らないわけではありませんでしたが、今まで引っ掛かったことがなかったので油断もあったかもしれません。

速度制限は突然やってきました。もともと自宅の光回線の代わりにも使っていたのでちょっとは遅いのは慣れていたのですが、その時の遅さは尋常ではありませんでした。インターネットを利用する時間帯によってかなり遅くなることはないことではなかったのですが、それでもあまり時間がかからないで解消することが多かったので、解消しない今回はどうも速度制限ではないかと考えたのです。

そこで、日ごとのwimax使用量を何とか表示させたところ、3日間で規定以上の使用のための速度制限に引っ掛かってしまっていることが確定しました。それでも、翌日のある時間からはその速度制限は解除されるようでしたので、我慢するしかないと腹を決めました。

3日間の速度制限は不便だけれども、使い放題で利用できるのでそこは我慢しなくちゃいけませんね。とりあえずwimaxを申し込みを比較するときはギガ放題がおすすめです。月々4000円前後でこれだけ便利なので文句は無いです。

wimax比較サイト|安いお得なキャンペーン情報・最新版

それに始めて日ごとの使用量を見てみたのですが、いつもぎりぎりであったことが分かりました。パソコンの光回線の代わりに使うのは厳しいと感じます。

我が家の自宅でのwifiについて

自宅にてwifiを利用しています。
インターネットはJCOMに契約しており、有線でBUFFALOのルータに接続して無線LANを利用しています。

用途は、主にスマートフォンでの通信です。
パソコンでもインターネットをやるのですが、スマートフォンでの通信も多いので利用しています。

基本的にはメリットのほうが多いです。
私の契約しているスマートフォンの通信量は、3ギガまでです。

それを超えると、課金しない限り大幅に低速化します。
wifiを使用しないときは、いつも3ギガぎりぎりでしたので、重宝しています。

それでも外ではwifiを使用しないので、2ギガ程度は使用してしまいますが。
wifi接続時は、メールについて設定が必要でした。

設定しないと、wifiを解除しない限りメールを送受信できません。
設定は個人的には簡単でしたが、スマートフォンの操作に疎い人は要注意です。
一度設定すれば以後は特に必要な操作はないです。

wifiというよりJCOMのデメリットになってしまうかもしれませんが、
月に数回ほど通信が出来なくなるときがあります。

大抵2,3回ルータを再起動すると直りますが、どうしても直らないときは数時間放置しなければなりません。
その間はもちろんwifiも出来ませんので、通常の通信になってしまいます。
BUFFALOのwifiルータ単体では、今のところ誤作動はないです。

お店などの無料wifiについては、メーカーに対応していないことや設定が面倒な点からあまり利用していません。
設定時のパスワードなどがわかりやすく書いてあり、対応してあれば使う程度ですね。”

動画を視聴できるモバイル端末wimax

みなさんの中にもこれまでにモバイル端末を使ってみたいと思った事がある人がいるかと思います。ですが、いざモバイル端末を使ってみようと思った時にどのモバイル端末なら使いやすいのかとか色々考えたと思います。

私もその一人で私もどのモバイル端末なら私の希望に沿うのか検討した結果見つけたのがwimaxだったというわけです。

それはどうしてかというと、私はよく動画を視聴するので使い放題で使える端末が良いと思って見つけたのがwimaxの端末だったというわけです。

ですが、いくら通信量を気にしなくても良いwimaxの端末と言ってもこの端末にも欠点がありました。

それは一体何かというとこの端末はちょっと場所を移動しただけで全く電波が届かない場所があったり、また建物に入っただけで電波が届かないという事もあるのでその点は注意が必要なのがwimaxのモバイル端末だと思いました。

ですが、私が使っている端末は追加料金さえ払えばLTEと接続も可能になるので万が一どうしても使わないと困る場面に遭遇してもLTEを使用すれば問題なくネットを利用できるのでwimaxmのモバイル端末もどの端末を使うかで大きな違いがあるのでみなさんもその点は注意して使用した方が良いです。

フレッツ光回線で携帯3Gの240倍以上の速さを体験した!

私は22歳男性でフリーランスをしています。去年の12月からiphone 5sを購入するにあたって割引き価格ということでフレッツ光回線の同時契約しました。これまでインターネットは基本的に3G回線を使ってメールやスカイプ電話などを目的に利用していました。初めてフレッツ光回線を使った時1ギガMbsという数字が実感できませんでしたが、携帯の回線と比較して使うと決定的な回線速度の違いを体感できました。 まず、動画などの再生です。

私のiPhoneで3G回線を使ってユーチューブを見た時1時間動画を再生するまでにおおよそ30秒ほど待たなければなりませんでした。遅い時は1分待ちもよくあり、外で移動中だと通信速度が切断されたり、7Mbps以下の通信速度になりなかなか動画を見れなくてイライラしたことがありました。

フレッツ回線はなんとわずか5秒の待ち時間で同時間程度の動画をロードして、1時間見続けても再生中のラグ(カクカクになって途中で止まるなど)といったことが一切ありませんでした。他にも3G回線でのゲーム、大容量ファイルのダウンロード時には光回線との大きな差を見せつけられました。

私は過去に3Gバケット通信料の制限を知らずに1ギガほどのアプリを外でダウンロードしたことがありました。ダウンロード完了するまでに2時間もかかり、その時パケット割引きに入っていなくての請求金額は800円とその値段に驚愕したものです。

それに対し、フレッツ回線は25秒という驚きの速さで携帯の時と比べ240倍の速さで終わりましたし、月額一定で使い放題の2000円という驚きの速さ、安さです。今では毎日大容量のデータを受信する時は基本家に帰ってから、外ではできるだけメールなどを使うように心がけています。”